南柏駅近 1103檸檬 小児喘息って・・・

2019/06/06
ロゴ

南柏駅近 1103檸檬 小児喘息・・・

肺や腎が弱いと喘息の状態になりやすいそうですよ。子どもは元々肺と腎が未熟。

東洋医学では気・血・水のうち、水の代謝が上手くいかない時になりやすいそうです。水の巡りが悪く肺に水が滞ると痰が絡み喘息などの症状が起こりやすくなると考えられています。身体に溜まった余分な水分は水毒と呼ばれ身体に色々な悪影響を及ぼすと言われています。東洋医学ではアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、頭の頭重感やお腹の張りなども水毒の症状の1つとされています。例えばアレルギー性鼻炎持ちの人がお腹が張るなどの症状がある場合原因は別と考えがちですが東洋医学の観点からは原因は同じと言うことになります。水の代謝に関わる臓器は肺と腎の2つだそうです。全身を巡った水は一度腎に集まり必要な物と不要な水に分けられ、肺や脾に贈られます。肺は腎から送られた水を全身にスムーズに巡らせます。

子どもの体質の特徴の1に「二余三不足」と言うのがあり、

肝と心が高まりやすく(ニ余)

脾・肺・腎が未熟で(三不足)

元々肺と腎が未熟な子どもは大人と比べて喘息になりやすいそうですが成長に伴って肺と腎が強くなり改善するケースもあるようです。

肺を強くする食材・・・白い食材(大根・白ごま・山芋・レンコンなし・等)

腎を強くする食材・・・黒い食材(黒ゴマ・黒米・昆布・クルミ等のナッツ類等)

南柏駅近 1103檸檬 ではベビーチネイザン(内臓デトックス)を勉強中です。8月までには習得しますよ。只今成人のみのチネイザンの施術をお受けしています。

内臓ケアーで心も身体も活性しませんか?ご来店お待ちしております。